新しいMicrosoft Office 2016 for Mac、より少ないステップでより速く事務を推進 目次


  • 1 Microsoft Office 2016 for Macアプリの新增機能

    • 1.1 共同作業を簡素化

    • 1.2 文書の共同作業

    • 1.3 共有を簡素化

    • 1.4 Office 複数端末動作

  • 2 Officeはご要望に応じて

    • 2.1 Tell Meの検索機能を活用

    • 2.2 Bingの「スマート検索」はチェックに役立つ

    • 2.3 より少ないクリックで分析可能

  • 3 Officeとともに

    • 3.1 最適化されたOfficeアプリはタッチ操作に対応

    • 3.2 OneDrive クラウド保存容量で複数の機能を実現

  • 4 Officeの価値最大化

    • 4.1 インストール済みのOfficeアプリを取得

    • 4.2 1TBのOneDriveクラウド保存容量

    • 4.3 無料技術サポートを取得

  • 5 Officeの延長

  • 6 簡単に文書共有

  • 7 Office 2016のアプリ

マイクロソフト社は旧版Officeに基づき,新しいOffice 2016 for Macをリリースした。Office 2016 for Macの新しいセールスポイントはOffice移動型端末アプリにあり,また家庭版、個人版及びプロフェッショナル版等の複数バージョンを含む。新しいOffice 2016 for Macは多彩な機能を持つ。Office 365により、素早く作業を完成できる。新機能を通じ、より少ないステップでより速く事務を推進し、他人と簡単に共同作業し、またいつでもどこでも文書を取得することができる。



new Office Mac 2016

Microsoft Office 2016 for Macアプリの新增機能

共同作業を簡素化

Office 2016 for Macにより、簡単に文書共有し他人と協力することができる。


文書の共同作業

Word、PowerPoint と OneNoteで共同作業する場合、他人の編集内容を確認できる。バージョン・ヒストリーにより、編集において文書キャッシュを振り返ることができる。


共有を簡素化

ボタンをワンクリックすれば、文書から共有できる。またOutlookの新しい添付ファイル( OneDriveからファイルを添付)により、Outlookを閉じないまま、自動で権限配置できる。


Office 複数端末動作

複数端末でOffice 2016 for Macの文書を閲覧、編集、分析とプレゼンテーションできる。コンピュータ或いは Macから、Windows と アップル®まで、ないしAndroid™ 電話とタブレットPCまで全部カバーしている。


Officeはご要望に応じて

Office 2016 for Macで新しくより速い方式で作業を続け、期待の結果を達成する。


Tell Meの検索機能を活用

Word、Excel 或いは PowerPointに行いたい操作を伝えるだけで、Tell Me 機能はガイドしてくれる。


Bingの「スマート検索」はチェックに役立つ

「スマート検索」はハイライト表示の用語と文書のその他コンテキスト情報により、Webからの検索結果を表示してくれる。全ての操作は文書編集中にできる。


より少ないクリックで分析可能

ワンクリック式の予測で履歴データを速やかに未来傾向分析に転換させる。新しいチャートは複雑データの表示に役立つ。


Officeとともに

仕事場からお気に入りのコーヒー店まで、全ての端末で重要な情報(友達、家族とプロジェクト)を随時フォローする。


最適化されたOfficeアプリはタッチ操作に対応

タッチにより、編集、ズームイン/アウトとガイドができる。デジタルインクでメモを取り或いは注释する。


OneDrive クラウド保存容量で複数の機能を実現

簡単にクラウド保存容量に保存し、また端末間でスムーズに切り替えられる。どんな端末を使用しても、Officeは前回中断した箇所に自動で戻れる。



new Office Mac OneDirve

Officeの価値最大化

Office 365の多様化したサブスクリプション形態により、あなたに合ったものを選択できる。個人版或いは家庭版から選択可能。


インストール済みのOfficeアプリを取得

Office 365はコンピュータと新しいOffice 2016 for Macアプリを含み、例えばWord、Excel、PowerPoint、Outlook と OneNoteなどがある。


1TBのOneDriveクラウド保存容量

OneDriveにより任意の端末でいつでもどこでも重要な情報(友達、家族、プロジェクトとファイル)をフォローできる。


無料技術サポートを取得

Office 2016 for Macに関する疑問がある?全てのOffice 365 サブスクリプション契約者は高水準なMicrosoftエキスパートから無料で技術サポートを取得できる。


Officeの延長

Office Onlineで他人と共同作業してクラウドに保存されるファイルをいつでも閲覧・編集できる。ブラウザに対応し、且つInternetに接続している任意端末からその文書にアクセスできる。


簡単に文書共有

クラウドに文書を保存すると、外出先でアクセスできる上、他人を誘ってこれらの文書を閲覧・編集できる。



new Office Mac

Office 2016のアプリ:

  • Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、OneNote 2016、Outlook 2016、Publisher 2016 和 Access 2016。
  • キーボード、ペン或いはタッチスクリーンなど、お気に入りの方法でアイデアを表現する。
  • どなたでも簡単に、Officeのエキスパートに。これは簡単。リボンに新たに追加された「操作アシスト」ボックスに知りたいことを入力するだけで、役に立つ情報が表示される。
  • 新しいテーマで自分に最適のOffice体験を選択しよう。「ダークカラー」と「ダークグレー」テーマは目に優しいハイコントラストを与え、「カラフル」テーマは、全ての端末でモダンな印象を与えてくれる。
  • Bingによる「インサイト機能」で閲覧体験を高められる。当該機能によりOffice 文書を閲覧する場合、インターネットからの関連情報を表示してくれる。
  • 「スタート」画面のテンプレートにより大部分の設定とデザインを利用できるので、アイデアとデータに集中できる。
  • Wordドキュメントのコメントを記録し、新しい返信ボタンで完了したコメントをマークする。
  • PDFの内容をWordに直接取り込む。使い慣れたWordドキュメントと同じように、PDFを開いて段落、リストと表の編集ができる。
  • Excelの書式設定の時間を節約し、データから情報を素早く導き出すことができる。パターン認識やデータのオートコンプリートが可能な新しいツールも含まれている。
  • 新しいグラフがExcelに追加された。更に多くの方法で、ビジネスデータを掘り下げたり、魅力的なストーリーを示すことができる。使用するデータに最適のグラフがExcelから推奨されるほか、データがどのように表示されるかをプレビューで確認することもできる。
  • Excelでは、往来のトレンドを視覚化するために、ワンクリックだけで基本的な予測を作成できる。
  • 相手がどこからでもアクセスできるように、リンクを送信するか、無料のOffice Presentation Serviceを使用して配信することで、 WebでPowerPointプレゼンテーションを共有することができる。
  • OneNoteのノートブックにはExcelのスプレッドシート、図表、オーディオ、動画など、ほぼのコンピュータファイルを埋め込むことができる。保存したメモの検索はもちろん、その他端末の OneNote アプリと同期することで、どこからでもメモを使用・共有できる。
  • インライン返信によりスピーディーに返信メールを送れる。Outlookでは、元のメールの本文中に返信を埋め込むことができる。閲覧ウィンドウに返信を入力する返信操作だけである。
  • Publisherのオンライン写真印刷のオプションあら、作業時間を節約できる。
  • Accessから、関連するテーブルやクリエからデータを素早く一覧表示および集計できる。項目をクリックするだけで、その項目の詳細なビューが開く。